不登校の色(イメージ)は、何色?  by 鈴木coach

「不登校、ひきこもりの我が子」として見ていますか?
それとも、「ありのままの我が子」として見ていますか?

私は、不登校になった(或いはなってほしくない)我が子と思って見ていた時、
なんとか変えなければならない、という気持ちになっていました。

それは子どもの側から見れば、
「今のあなたではダメ。」というメッセージとなって伝わって来ていたのです。

(執筆:鈴木友子COACH)
外部リンク:https://coachsuzutomo.wordpress.com/

関連記事

  1. 子どもの困った行動の裏側にあるもの

  2. 自分で考えて行動できる子になるには【その1】

  3. 親の対応で大事なことは「どうすればいいか?」よりも「負のループから抜け…

  4. 引きこもりの子どもと会話がない?会話を増やしたい時は、話したくなる大人…

  5. 【引きこもり状態のお子さんに寄り添う方へ】一休みするための親の会へどう…

  6. 第8期 子育てCOACH認定コースが始まりました!