子育てレポート by 蜂須賀coach

こんにちは。

子育てCOACH、第3期生の

蜂須賀(はちすか)です。

 

爽やかな季節で

紫陽花が咲きはじめていますね。

 

私は、息子の行動の良し悪しを

私の価値観で判断していることに

気が付きました。

 

「しつけ」って何の為にするのでしょう?

大人になって困らないように?

他人に嫌な思いをさせないように?

 

ある日

息子が、カップケーキの型紙に付いていた残りを

指ですくって食べていました。

いつもだったら

「行儀悪いから、やめてくれる~」と注意する私ですが、

チョット待って!

息子の行動には、何かプラスの意図があるはず。

と思いました。

 

「なんでさっ、指ですくって食べるの?」と聞いてみました。

 

すると

 

「カップケーキはときめくんだよね~。

でも、

アイスやヨーグルトの蓋をすくうことは

俺はときめかないんだ。」と答えたのです。

 

初めて知った、息子のときめきに笑ってしまいましたが

 

「そうなんだね、ときめくんだね。」と承認したうえで

 

「家では良いけれど、お母さんは外ではしてほしくないわ。」と

私の思いも息子につたえました。

 

いつもは、注意してしまう、怒ってしまう出来事。

 

でも…

 

ひと呼吸おいて、違う角度からの問いかけで

息子の価値観や言葉のチョイスの素晴らしさを

知ることができました。

 

「しつけ」とは

 

穏やかに、繰り返して伝えて待つこと。

いつから出来るようになるかは

子どもが決めること

 

子どもを信じ

子どもと一緒に

母も成長です!

 

 

 

関連記事

  1. 子どものメッセージを聴き取る大切さ by十河coach

  2. 子供のワクワクをフォーカスする by 山地coach

  3. 子どもの意欲を引き出すコミュニケーションとは? by 十河coach

  4. 子どもを守れる大人になりたい by 龍coach

  5. 「子育てワンポイント④」by宇田川coach

  6. 子どもの「出来る!」を信じる by 菊池美和COACH